×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生理の期間中は、ハイジニーナのみNGという

ミュゼ高松《ネット予約限定》お得なキャンペーン!

TOP PAGE >生理の期間中は、ハイジニーナのみNGという

□生理の期間中は、ハイジニーナのみNGという

生理の期間中は、ハイジニーナのみNGというサロンもあれば、部位に関わらず脱毛が出来ないサロンもあります。


なぜならば、生理中は、ホルモンのバランスが崩れて、より痛みを感じやすくなってしまったり、肌が荒れたりしてしまうからです。そのため予約日が生理の期間と重ならないように気を付けましょう。

ハイジニーナ脱毛をうけると、陰部の毛がなくなる分、尿が変な方向へ飛んでしまうという点が挙げられます。その他にも日本の場合、ハイジニーナ脱毛がまだ完全に浸透していないので、毛を完全になくしてしまうと、温泉などで人目が気になるケースもあるようです。高松のミュゼプラチナムでは無料カウンセリングを行なっているので、不安な点を相談してみると良いと思います。


女子達の間で、脇の脱毛は人気部位のひとつですが、脇の汗が気になってしまう場合もあります。

しかし、ワキ脱毛に関しては、メリットの方が、大きいところがあるので、脇脱毛はやるべきだと思います。

デメリットが怖い方は、最初に半分ぐらい脱毛をしてみて、様子を見てみるのが良いと思います。へそ周りを脱毛しようと思った際、サロンの考え方によって、おへそ周りの定義が、違ったりします。一般論を話せば5cmぐらいの範囲が、おへその辺りだと指定されることが多いですが、事前に確認をするようにしておくのが確実です。ちなみにへその周辺の毛は、しつこかったりするので、注意が必要になります。

ミュゼや脱毛ラボなどで採用されている方法は、SSC脱毛と言います。

イタリアにあった会社が、日本市場に合わせて脱毛法で、ほとんど痛みを感じず、肌への負担も軽く、スピードも速く、お手頃価格でもあるので、負担を軽くして、脱毛を行ないたい方には、是非、御勧めです。
暑い時節になれば、足を人前で出すことが多くなりますよね。足先、そして足の甲は、数は少なくても、むだ毛が生えていると、目に付いてしまうのです。

ですので、おろそかにしないで、じっくりと処理すべきだと思います。脱毛とセットとも言えるのが、痛みとの戦いです。

とりりゆう医療レーザー脱毛では、部位によっては、痛みがハンパありません。痛みに耐えるのが難しい方は、脱毛サロンへ行かれるのが良いです。

医療脱毛よりも、痛いのが結構、軽減されるので、安心して通えます。両脇の脱毛は、女性達の間で人気です。水着などを着る際、ワキのむだ毛が見えてしまうと、やはり視線が気になってしまうものです。



両脇脱毛をしちゃえば、そんな不安から解放されて、夏に脇が露出する服を遠慮なく買えますよね。



やっぱり、自己処理は大変なので、脱毛サロンにしたら良いでしょう。脱毛エステなどで、よく利用されている脱毛法は、光脱毛です。光脱毛は、1998年以降、日本国内でも浸透するようになってきました。レーザー脱毛と比較すると、比較的弱い光を使っているので、痛みの度合いが小さく、お肌に優しいというメリットがあります。


ミュゼプラチナムなどでやっているスムーズスキンコントロール方式も光脱毛に分類されますが、痛みやお肌への負担を極力抑えたい方には御勧めしたいです。

夏の時節に心配になってくるのが、ひざ下にあるムダ毛です。

スカートを履いた時など、良く見えるので、ここを脱毛する女子は多いです。
ひざ下は女子の美しさが表れる箇所ですから、脱毛だけを考えるのではなくミュゼのようにお肌に優しい脱毛をしてくれるところを選びましょう。

□関連記事

□メニュー





□メニュー


Copyright (C) 2014 ミュゼ高松《ネット予約限定》お得なキャンペーン! All Rights Reserved.
top